ローカル路線バス乗り継ぎの旅第23弾、はいだしょうこ編の感想

テレビ東京では2016年6月25日に放送されたローカル路線バスの旅第23弾。
滋賀県のBBCびわ湖放送ではボートレース中継でお休みだったので、
7月30日に1ヶ月遅れで放送されました。

びわ湖放送とローカル路線バスの旅

びわ湖放送は独立局で、特定のネットに属していません。
滋賀県にはテレビ東京系のテレビ局がないため、
ゴールデンタイムはテレビ東京の番組を同時ネットすることが多いです。

ローカル路線バスの旅もだいたい同時ネットなのですが、
6月25日はなぜかボートレース中継でした。

もともと第23弾はゴールデンウィークに放送予定だったんですよね。
熊本地震の影響で6月25日に延期して、
びわ湖放送では同時ネットできなくなったという事情みたいです。

7月30日のテレビ東京は東京ローカルの隅田川花火大会中継なので、
びわ湖放送で別の番組がつぶれることもなくて良かったです。

6月25日からネタバレを回避し続けて、
結果を知らないまま見ることに成功しました。
最後までドキドキしてみることができて良かったです。

※この記事ではネタバレするので、未視聴の方はご注意ください。

第23弾の概要

宮崎県の青島から長崎のグラバー邸を目指す第23弾。
マドンナは元うたのおねえさんでおなじみのはいだしょうこさんです。
途中、高千穂と別府がチェックポイントになっていました。

1日目

スタートの青島からは宮交シティ、高鍋、都農方面へ乗り継ぎます。
都農からは7km歩くしかないということになりますが、
高鍋バスセンターでメガネのお姉さんから都農での乗り換えを教えてもらい、
徒歩距離が3kmになると大喜び。
しかし肝心のバスを乗り逃すというハプニングが発生。

あれってバス停を間違えていたということなのでしょうか。
バスが曲がったところに別のバス停が映っていましたよね。
それともバス停の表示が薄く消されていたように、
都農には停まらなくなったのでしょうか?
フォローが入らなかったので答えがわかりません。
バスに乗れていたら3kmで良かった徒歩距離が9kmになってしまいました。

なんとか9km歩いて宮の下に到着。
バスに乗って日向市駅から延岡バスセンターと進み、
チェックポイントの高千穂で宿泊。

蛭子さんはいつもの調子でひたすらビジネスホテルを推しますが
かなり古そうなホテルでした。
旅館のほうがきれいで良かったのでは…と思ってしまいました。

2日目

前日の夜に延岡バスセンターで教えてもらった熊本空港へのバスに乗ります。
延岡バスセンターの人がいてくれて良かったですね。
熊本空港がポイントになるとは思いつかなかったでしょう。

一度は熊本空港から大分行きのバスに乗ったものの、
大分から別府まで行けるかどうかわからないということで
阿蘇で3時間ロスして別府行きに乗り替えます。

阿蘇に着いた時間が11:40と出ていました。
案内板に11:40発に別府方面行きのバスがあったので
なんとかしてそれに乗れなかったのかな?と思いますが
言及はなかったですね。

待ち時間には阿蘇草千里乗馬クラブで乗馬していました。

阿蘇から別府北浜は3時間半。
すでに18:30を回っており、案内所は閉まっています。

いいバスルートが見つからないところで
太川さんの「明日熊本空港に戻ろう」というのは英断でしたね。
温泉ではまさかの混浴シーンもありました。

3日目

結果的に熊本空港まで行かずに乗り換えて日田まで行くルートを発見。
途中、渋滞や混雑で乗り換えができるかヒヤヒヤしましたが
無事に乗り換えに成功して日田入りに成功します。

休憩した折り紙カフェがかわいかったですね。

杷木から浮羽は歩いたほうがいいというアドバイスを受け、
4kmの距離を歩いていました。

浮羽のバス停はローソンの中にあるのでしょうか。
なんだか変わったバス停でしたね。
久留米を抜けて佐賀へ向かい、佐賀駅まで宿泊となりました。

蛭子さんのスチュワーデスと付き合った自慢に対する二人の反応が面白すぎましたね。
心底どうでもいいという感じでした。
ほかの乗客に「長崎で俺は何番目に有名人か」と絡んでいったときにも
二人は「何言ってるんだろう」みたいな顔をしていました。
普段カットされているだけで、こういうシーンは多いのかもしれません。

4日目

鹿島から西に行くか南に行くかの選択を迫られます。
途中太川さんがイライラしている様子が映っていました。
こういうシーンをカットしないのもバス旅ならではですね。

険悪なムードを和ませようとしたのか、
はいださんがおもちゃのチャチャチャの手遊びを始めたのも良かったです。

県界バス停で下り、歩いて橋を渡って長崎県に突入。
これで沖縄を除く46都道府県を制覇することになりました。

県界では1時間の待ち時間があったものの、
諫早バスターミナルから中央橋と順調に進み、グラバー園に到着しました。
ゴールのグラバー邸ではわざとらしく蛭子さんのお兄さんとお姉さんが登場。
みんなでちゃんぽんを食べてめでたしめでたしのラストでした。

熊本地震の影響

番組中、バスや施設が出るたびに
「現在休業中です」「現在は道路状況により運休中」
などのテロップが出ていました。

さらにびわ湖放送では「※2016年6月25日現在」の注釈も。
果たして現在はどうなっているのでしょう。

テロップが消えたのが4日目だったので、
3日目の夜に地震が起きたことがわかります。

番組の冒頭では太川さんと蛭子さんのコメントもありました。
もしかしたらお蔵入りになるかもしれなかったそうです。
放送してくれて良かったですね。

はいだしょうこさんが良かった

マドンナのはいださんがいい味を出していました。
バスのない区間を歩くことになったとき、
マドンナの中には嫌がる人と張り切る人がいます。
はいださんはどちらかというと嫌がっているのですが、
あまり表に出していないのが良かったです。

歩くのは苦手みたいで、かなりしんどそうでした。
長く歩く区間が2ヶ所だけで良かったです。
蛭子さんにしても、歩く距離が長いと気の毒になってきます。

マイペースに見えて、太川さんや蛭子さんにはしっかり気を遣っていました。
4日目のピリピリした雰囲気を和ませたのは良かったですね。
混浴シーンがあったのにも驚いてしまいました。

積極的にアシストするタイプではないものの、
影ではしっかり役に立っているマドンナでした。

やっぱりゴールできるとうれしい

ここ2回ゴール失敗していたので、ゴールできたのはうれしかったです。
高橋ひとみさんの回はチェックポイント制にとらわれて失敗しましたが、
今回はチェックポイントの高千穂を上手く活かして
熊本空港ルートを通ることができました。

すでに沖縄を除く46都道府県を制覇してしまいました。
次はどんなルートを通るのでしょうか。

以前失敗したルートをリベンジするというのもいいと思うんですけどね。
バスの状況も変わっているでしょうし、
失敗を活かそうと思っても楽勝にゴールとはならないでしょう。

放送が1ヶ月遅れだったので、次の放送まで早く感じるのはありがたいです。
次の旅が楽しみです。

※ほかの回の感想もよろしければご覧ください。
「ローカル路線バスの旅」感想一覧へ

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
子育て中の30代主婦です。広島東洋カープ、妖怪ウォッチ、プリキュア、ここたま、ローカル路線バスの旅など、好きなことについて書いています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *