広島東洋カープ25年ぶりリーグ優勝と、あのときの少年

2016年9月10日、広島東洋カープが2016年のセントラルリーグ優勝を決めました。
1991年以来、25年ぶりのリーグ優勝です。
いざ決まると胸がいっぱいで何も言えなくなりますね。
この記事をあらかじめ途中まで書いておいて正解でした。

わたしと広島東洋カープ

2016年のカープは鯉の季節を過ぎても首位を走っていました。
ことしこそはと願っていた人がたくさんいたことでしょう。

わたしはファンになってまだまだ5年程度の若輩者です。
前回の優勝のときは小学2年生でした。
野球ファンなら記憶に残っている年齢でしょうが、全く記憶にありません。
中継のせいで好きな番組がつぶれてしまうので、
野球は嫌だなぁと思っているタイプの子どもでした。

わたしがカープを応援するようになったのは友達の影響です。
一緒にカープの試合を観に行ったら楽しくてハマりました。

スカパー!のプロ野球セットに入って応援してきた5年間、
期待できる時期はあっても優勝はまだ遠く、
ことしも半信半疑の状態で見続けていました。

8月の連敗で巨人にゲーム差を詰められたときにはもうだめだと思いました。
「優勝できそうかな?」とようやく思えたのはM10ぐらいのときです。
それでも優勝のときにどんな気持ちになるのか、実感がないままでした。

そして優勝へ

マジックが一ケタになったらさすがに優勝するだろうと思いましたが
その日はいつになるのか、ドキドキ待っていました。

9月8日木曜日

マジック2で迎えた木曜日、
カープはマツダスタジアムで中日戦、巨人は甲子園で阪神戦でした。
カープが勝って巨人が負ければ優勝が決まるという状況でした。

ここで決まれば本拠地優勝!ということだったのですが
巨人が坂本のスリーランホームランで勝利を収めました。

せっかくだからマツダで決まってほしいなーと思っていたので残念でしたが
よく考えたら中日にあっさり3連勝している状況がすごすぎますよね。

9月9日金曜日

金曜日はカープの試合がなく、巨人とヤクルトの試合がありました。
巨人が負けたら移動日に決まってしまうという状況でしたが
巨人が底力を見せてくれてホッとしました。

もちろん移動日でも優勝は優勝なんですけどね。
ここまで来たら勝って決めたいという気持ちになっていました。

9月10日土曜日

そして迎えた東京ドームでの巨人との直接対決。
試合に勝てばその瞬間に優勝が決まります。
先発が黒田というのも運命的なものを感じました。

坂本のホームランで先制されたときには不安でしたが
なんとか点を返していきました。
鈴木誠也の神ホームランにはしびれましたね。

石原のインチキっぽい出塁もあり、
大好きな今村のピッチングもあり、
わたしの見たいものが詰まったすばらしい試合でした。

9回ウラはドキドキしてしまってまともに見られませんでした。
主人は心を落ち着けるためにと言ってこち亀を読んでいました。

優勝が決まった瞬間、本当に胸が熱くなりました。
黒田と新井の抱擁がとても良かったですね。
多くのカープファンが涙したのではないでしょうか。

あのときの少年

2012年、本拠地マツダスタジアムに行ったときのことです。
負け試合の帰り道、10歳ぐらいの男の子がお父さんらしき人と一緒に
カープのユニフォームを着て歩いていました。

その少年はまわりに聞こえる声でこう言いました。

「カープが優勝することはこの先も絶対ないだろうけど」

わたしも含め、大人たちは苦笑していました。
少年にとっては優勝できないカープが当たり前だったのかもしれません。

優勝が近付くにつれ、わたしは少年のことを思い出していました。
成長した少年はどんな気持ちでこの優勝を見ているのでしょう。
お父さんと一緒に喜んでいたらいいなと思います。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます→運営ブログ一覧とプロフィール
子育て中の30代主婦です。広島東洋カープ、妖怪ウォッチ、プリキュア、ここたま、ローカル路線バスの旅など、好きなことについて書いています。記事一覧はこちらからご覧ください。
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメント

  1. carp-mazda1975 より:

    悔しい結果に終わりましたが、近年にない盛り上がったシリーズになりましたね。

    ところで、引退を発表した黒田博樹の栄誉を称える究極の記念グッズが発売になりました。
    なんと918,000円(税込)の純金メダルです。
    広島の百貨店では注文が殺到しているとか。。。
    広島愛にあふれるカープファン、黒田ファンなら、ぜひとも手元に欲しい逸品ですね。
    同じ金メダルでも小さいほうなら367,200円、純銀メダル(大)は35,640円、純銀メダル(小)は12,960円とのことです。
    http://kurodamedal.com/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *