成長曲線ぶっちぎりの大きい赤ちゃん

生まれたときには3000gなかった娘はすくすく成長し、
成長曲線をぶっちぎって大きくなっていきました。

成長曲線

成長曲線は母子手帳に載っている
「幼児身体発育曲線」というものです。

グラフ用紙に色がついたもので、
月齢ごとの身長・体重を記入していくと、
94%の子どもはその色が付いた部分に収まるとのこと。

うちの娘は残りの6%ということですね。

だいたいの経過を載せておきます。

3ヶ月 7,100g
4ヶ月 8,700g
5ヶ月 9,600g
6ヶ月 10,200g
7ヶ月 10,500g
8ヶ月 11,100g
9ヶ月 11,500g
10ヶ月 11,600g
11ヶ月 11,800g
12か月 12,200g

6ヶ月で10kgを超えたときには
「とうとう来たか…」という感じでしたね。

心の葛藤

外れたら問題があるというわけではないのですが
あまりに大きすぎてさすがに心配になりました。

だからといって完母でおっぱい大好きな娘だったので
どうするわけにもいきません。

ネット上で
「うちの子は△ヶ月で○kgもある」
みたいな書き込みを見かけると
「うちのほうがでかいし」
と心の中で毒づいていました。

おそらくこの記事を見ても
同じように思う方がいらっしゃることでしょう。

動き出せば痩せるという人もいましたが
一向に痩せる気配はありませんでした。

デカ赤ちゃんの終焉

健診や相談会で小児科医と話す機会がありました。
先生によって見解が違っていて
「母乳をやめたら?」という人もいれば
「全然気にしなくていい」という人もいました。

「どっちやねん」という感じだったので
途中から気にしないことにしました。

1歳になってようやく12kgで落ち着き、
健診で同じぐらいの大きさの子を見たときには
「ついに大きい赤ちゃんではなくなったのか!」
と感慨深いものがありました。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
子育て中の30代主婦です。広島東洋カープ、妖怪ウォッチ、プリキュア、ここたま、ローカル路線バスの旅など、好きなことについて書いています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *