カロナールと呉茱萸湯で持病の頭痛に立ち向かう

頭痛持ちで1ヶ月に一度は頭痛で寝込んでいたわたしですが、
子どもができてからはそうも言っていられません。
頭痛外来を受診して、カロナールと呉茱萸湯でコントロールしています。

頭痛外来を発見

頭痛について一度診てもらおうと思い、
ネットで調べていたら市内に頭痛専門医がいることを知りました。

予約なしでOKというクリニックでしたが、
子ども同伴はNGということだったので
実家の母が来ている間に娘を見ていてもらって行きました。

頭痛外来を受診したときの様子

受付開始時間に合わせて行ったら先客は1人でした。
診療開始まで30分ぐらい待ちました。
その間に患者さんが続々やって来て混雑していました。

まずは問診でこれまでの頭痛歴や症状を話し、
CTスキャンを撮りました。

画像ができるまでまた30分ぐらい待合室で待ち、
結果を聞いて処方箋をもらって帰りました。

脳に原因らしきものは見つからず、
習慣性の頭痛でしょうとのことでした。
一度診てもらって良かったと思います。

クリニック滞在時間は1時間半ぐらいでした。
「頭痛外来はすごく混むから半日かかると思ったほうがいい」
と母親に言われましたが、そこまでではなかったですね。

カロナールと呉茱萸湯

処方されたのはカロナールと呉茱萸湯(ごしゅゆとう)です。
授乳中ということもあり、片頭痛用の薬は処方されませんでした。

カロナールは授乳中でも安心

カロナールは妊娠中・授乳中も使えると言われています。
頭痛の前兆の段階で飲めば効くとのこと。
1ヶ月に10回程度なら飲んでも構わないので、
怪しいと思ったら服用するようにと言われました。

片頭痛用の薬はとても高価で、
1錠1,000円以上することもあるそうです。
それがカロナールは1錠数十円レベルなので、
コストパフォーマンスも高いのだとか。

漢方薬の呉茱萸湯

カロナールと一緒に処方された呉茱萸湯は漢方薬です。
メーカーはツムラで、31番と書かれていました。
わたしの妹も地元のクリニックで処方されたそうで、
頭痛持ちにはよく使われているようです。

カロナールは体を冷やす薬ですが、
呉茱萸湯は体を温めるので中和されるのだとか。
粉薬としてお水で飲んでもいいのですが、
お湯に溶かして飲むことが推奨されています。

呉茱萸湯の弱点

人によっては呉茱萸湯だけでも頭痛を抑えられるそうですが、
わたしが試したら全然効かなかったので
カロナールと併用しています。

頭痛というほどではないけれど、
頭がモヤモヤするようなときに呉茱萸湯だけ飲んだら
ちょっとすっきりした気がします。

ただ、呉茱萸湯はすごく不味いです。
わたしはいろんな漢方薬を飲んできましたが、
ぶっちぎりで一番不味いです。
飲むときには息を止めて飲んでいます。

肩こり対策

頭痛持ちの方ならご存知のとおり、
頭痛の多くは緊張性頭痛と片頭痛に大別されます。

わたしの場合は片頭痛の特徴がかなり出ているものの、
「お風呂に入ると楽になる」という緊張性頭痛の特徴もあり、
肩こりを改善してみようということになりました。

医師から運動をレクチャーされましたが
正直なところあまりやっていません。
でも一応パソコンをやりすぎないとか、
お風呂に長く入るとか、肩こりに良さそうなことはしています。

あと、適度な水分補給も予防になるそうです。
のどが渇かないように水を持ち歩くなどして注意しています。

加えて近所の整体に定期的に通っています。
わりと効いているみたいで、
整体に行ってからしばらくは頭痛が起こりません。

効果には個人差があります

以上、わたしのやっている頭痛対策です。
完全に治ったわけではありませんが、
以前より寝込むことが少なくなりました。

万人に効くと言うわけではないので、
気になる方はまず頭痛外来を受診することをおすすめします。

頭痛外来が近くにない場合は普通の内科でも大丈夫です。
もし精密検査が必要だと判断すれば
どこの医療機関に行ったらいいか教えてくれますよ。

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます→運営ブログ一覧とプロフィール
子育て中の30代主婦です。広島東洋カープ、妖怪ウォッチ、プリキュア、ここたま、ローカル路線バスの旅など、好きなことについて書いています。記事一覧はこちらからご覧ください。
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *