フリマアプリ「メルカリ」の出品・購入体験談

スマホで簡単に出品・購入ができるフリマアプリメルカリ
出品・購入の両方を利用してみたので、率直な感想を述べていきます。

メルカリ導入編

メルカリはパソコンでも使えますが、一部の機能が制限されています。
すべての機能を使うにはスマホやタブレットでアプリをインストールする必要があります。
たとえば「ゆうゆうメルカリ便」を使った取引はアプリからしかできません。

わたしはスマホを持っていないので、iPod touchでメルカリをインストールしました。

個人情報を登録

まずは会員登録を行います。
適当なニックネームを入れ、メールアドレスとパスワードと招待コードを入力。
さらに電話番号を入れて、送られてきたコードを入れて本人確認をします。

この次にプロフィール、クレジットカード、住所の登録もしておくと、
すぐに使いはじめることができます。
(あとからでも登録できます)

メルカリ招待コード

新規登録の際、招待コードを入れるとくじ引きができます。
わたしの招待コードは AWEKNJ です。
誰が登録したのかこちらからはわからないので、よかったら入れてみてください。

メルカリ購入編

メルカリにはいろいろな商品が出ています。
よく取り上げられるのが要らなくなった衣類や、使いかけの化粧品など。
次から次へと商品がアップされるので、恐ろしくなってきます。

PS2のソフトを注文

わたしが購入したのはPS2のソフトです。
ブックオフよりメルカリのほうが安かったので、注文してみました。
出品者の評価も一応チェックして、問題なさそうな人を選びました。

購入ボタンを押して、支払い方法を選択したらあっさり購入成立。
しばらくしたら先方から「明日発送します」とのメッセージが届きました。

約束どおり翌日発送通知が届き、2日後ぐらいに商品が到着。
以前ブックオフで買ったPS2のソフトが読み込み不良だったことがあり、
今回も起動させるまで心配でした。

でもディスクを見ただけで「これは大丈夫」と思えるようなきれいな商品で、
問題なく読み込むことができました。

匿名配送ができる

届いた封筒を見て、相手の住所と氏名が書いていないことに気付きました。
メルカリの「メルカリ便」ではお互いの住所と氏名を知らせずに取引できる、
匿名配送という機能があります。

これってすごくありがたいですね。
「住所と氏名ぐらい知られても構わない」という人もいるかもしれませんが、
できる限り隠せるものなら隠したいものでしょう。

メルカリ便以外は住所と氏名が出品者に明かされます。
出品情報に「匿名配送」と書かれているかどうかチェックしたほうがいいです。

メルカリ出品編

まずは購入から入ったわたしですが、出品もしてみたくなりました。
初心者でも大丈夫かな?と戦々恐々としていたのですが、思いのほか簡単でした。

不要なプリンタインクを売る

家にあった要らないプリンタのインクを試しに出品することにしました。
結論から言うと、出して数秒で売れました。
どうやらプリンタのインクを専門に買っている業者的な人がいるみたいです。

もっと高く出したほうが良かったかとちょっとモヤモヤしましたが、
どうせ不要なものなので、別にいいかと気持ちを切り替えました。

ゆうゆうメルカリ便をローソンから発送

このとき使った発送方法がゆうゆうメルカリ便です。
ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは厚さ3センチ、
A4サイズまで175円という安さで送れます。
インクの外箱はすでになかったので、横にして並べて封筒に入れました。

ローソンのロッピーでアプリのQRコードを読み取り、
出てきたレシートをレジに持って行き、発送用の伝票を貼ってお店の人に渡します。
送料は売上から引かれるので、この時点で支払う必要はありません。
発送したらアプリから発送完了ボタンをタップします。

到着→評価→売上金をゲット

商品が到着したら相手が評価してくれます。
基本的に何も問題なく終了したらお互い「良い」をつけます。

このとき、自分が評価するまで相手の評価を見られないのが面白いと思いました。
相手に低い評価を付けられたから低い評価でお返しということができないんですね。

お互いの評価が終了すると取引完了となり、アカウントに売上金が入ります。

メッセージは送ったほうがいい?

出品者になってはじめて、
購入者が「購入しました」というメッセージを送ることがわかりました。

全員がそうではないですが、購入手続きの直後、
購入者から高い確率で「購入しました。よろしくお願いします」的なメッセージが来ます。

出品者としてはなんとなくほっとするので、
それ以来自分が購入するときはメッセージを送るようになりました。

厚さ3cm未満に収める梱包を心がける

メルカリを使ううえで重要なのは厚さです。
先述したように厚さ3cmまでならゆうゆうメルカリ便で安く送れるからです。

プチプチで包むと3cm超えてしまうようなときは、
「このパッケージのまま封筒に入れて送ります」と書くようにしています。

ローソンでは厚さを計ってくれないので、微妙なときは郵便局に行きます。
郵便局のスケールに通れば戻ってくることはないので安心です。

メルカリの売上金

評価が終わったら売上額から10%の手数料が引かれ、
メルカリ便の場合は送料が引かれた分が売上金としてデポジットされます。

メルカリの売上金はポイントに交換して別の商品を購入するか、
現金として振り込んでもらうか選べます。

ポイントに換えてメルカリで使用

売上金はそのままでは商品購入することができず、
いったんメルカリポイントを購入する必要があります。
メルカリポイントはアプリからしか購入できません。

1円=1ポイントとして利用できます。
手数料は不要で、有効期間は交換から365日です。

現金で口座に振り込んでもらう

10,000円未満の売上金を振り込んでもらうには210円の手数料がかかります。
さらに、売上金は確定から180日以内に振込依頼しないとなりません。
10,000円以上になれば問題ないのですが、210円払うのはちょっと惜しいですね。

でも、わたしは210円払っても振り込んでもらう価値はあると思います。
メルカリで無理に要らないものを買うよりは、現金でもらっておいたほうがいいでしょう。
210円は値下げしたと思ったらいいんじゃないでしょうか。

使いやすくておすすめです

以上、メルカリの利用体験談をご紹介しました。
今のところトラブルに遭遇したことはなく、便利に使えています。

以前Amazonのマーケットプレイスで本を売ったことがありましたが、
住所を書いたり納品書を印刷したりするのが面倒でした。
メルカリは梱包するだけでOKなので、便利になったものだな~と思っています。

興味のある方でまだ利用していない方はこちらからチェックしてみてください。
招待コードは AWEKNJ です。

スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ