「伊集院光のてれび」のじゃんけん企画が面白かった(ネタバレ感想)

毎週金曜日の深夜26時からBS TwellVで放送している「伊集院光のてれび」。
2015年10月から放送が始まり、すでに4回が終了しました。

はじめの4回はじゃんけんオーディション企画。
女性たちの心理戦が繰り広げられました。
とても面白かったのでネタバレ感想を書きます。
(文中敬称略)

真剣じゃんけんのルール

番組のレギュラー最終オーディションに残った8人がじゃんけんで競うことに。
じゃんけんで8人とも同じ手だったら全員合格です。

別々の手であいこだったらやり直し、
勝敗が付いたら勝った人がオーディション合格というルールです。

じゃんけん勝負の前には2時間の相談タイムが設けられます。
8人の大部屋だけでなく、定員3名の個室で相談することもできるという仕組み。

もちろん全員同じ手を出そうというふうに持っていくわけですが、
8人よりも少人数で合格したいという思惑が動き出します。

真剣じゃんけん女芸人編

第1回と第2回は女芸人編でした。
結論から言うとこちらは裏切り者が出ます。

みんなでグーを出そうと決めたのに、
個室で結束した裏切り者たちはパーを出したのです。

このシステムの難しいところは裏の裏をかくというのができないところ。

明らかに裏切りそうなロリィタ族がいる以上、
グーを出すのはリスクが高すぎます。

裏切り者が出るにしても出ないにしても
みんなで出そうと決めた手に勝つ手を出すのがベストな気がしました。

しかし正直者がグー、裏切り者がパーを出す中で
一人だけチョキを出してきた奈子にはしびれました。

結局ガチ勝負に持ち込んだわけですが、
裏切り者のロリィタ族と松丸ホルモンとあだちあさみが
ガチ勝負でも勝ってしまうという展開に。

正直者チームから勝ち上がったアンゴラ村長の今後に期待です。
ロリィタ族に「ババァ」と悪態をついたのには笑いました。

真剣じゃんけんかわいこちゃん編

第3回と第4回はかわいこちゃん編。
こちらも明らかに裏切りそうな天童なこがいました。

しかし最終的に天童なこもみんなで決めたグーの手を出し、
8人全員が合格するという大団円。
伊集院光がこっそり涙を浮かべていたのを見て
「そりゃ泣くわ」と思ってしまいました。

女芸人編は裏切る相談のために個室を使ったのに対し、
かわいこちゃん編は結束を固めるために個室を使った点も対照的でした。

伊集院光の解説も「かわいこちゃん編のほうが怖い」とか
「この子が裏切りそう」といったリードをしていましたが
最終的には全員同じ手ということで
「なるほどこういうエンディングなのね」と思いました。

本編はこれから

いずれも前後編に分かれていたので、続きが楽しみでした。
次週が楽しみになる番組というのもあまりない気がします。

オーディション部分だけでかなり満足してしまいましたが、
本編は今週からです。
女性だけで12人もレギュラーになってしまって
どうやって使っていくのでしょう。
今後の放送も楽しみです。


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます→運営ブログ一覧とプロフィール
子育て中の30代主婦です。広島東洋カープ、妖怪ウォッチ、プリキュア、ここたま、ローカル路線バスの旅など、好きなことについて書いています。記事一覧はこちらからご覧ください。
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *