かみさまみならいヒミツのここたまが最終回を迎えた件

わたしの大好きなアニメ、「かみさまみならいヒミツのここたま」が最終回を迎えました。
なぜ正式名称で呼んでいるかというと、
9月から「キラキラハッピーひらけここたま」がはじまるからです。
同じここたまシリーズですが、プリキュアと同じようにメンバーが総入れ替えとなります。

ヒミツのここたまは2015年10月にテレビ東京系列で放送開始。
わたしの住む滋賀県はテレ東系がないのでBSジャパンで見ていました。
テレビ東京系列で木曜日に放送されたものが、
BSジャパンでは翌週月曜日に放送されます。
さらに火曜日からはニコニコ動画など動画サイトで配信される流れ。

最終回の第139話「ずっと一緒に ここったま」を見たら、
本当にヒミツのここたま終わるんだな……と寂しくなりました。
最終回を見て思ったところを書いておきます。

(最終回当日のツイート)

ななみちゃんとカーラが登場

最終回では不器用に悩む女の子ななみちゃんが登場します。
ななみちゃんが大事に使っていたクレヨンから新たなここたまカーラが誕生。

クレヨンから生まれただけあって、
いろえんぴつのかみであるラキたまと似ていたのがかわいかったです。
妹みたいな感じでしょうか。

しかし最終回に登場したばかりにここたまドールが発売されないんだな……と思うと、
結構悲しいものがあります。
最後のここたま界祭りにも呼ばれていないようでした。

そもそもこころちゃんの願い、
「不器用がなおりますように」はどうなったのでしょう。

ここたまの日常は続いていくとのことだったので、
いつか治るということでしょうか。
なんだかこのあたりは曖昧だなと思いました。

メロリーがかわいい

わたしがここたまで一番好きなキャラクターはメロリーです。
最終回でもメロリーらしさがあふれていて、
「ヒミツのここたま」におけるヒロインだったのだなと思い知らされました。

まず、生まれたばかりのカーラに対し、
「わたしはメロリーなの、あなたはなんてお名前なの?」
と自分が先に名乗る常識を持ち合わせているところがいいです。

カーラに魔法のお手本を見せると張り切るラキたま。
ここたまたちはラキたまのポンコツぶりを知っているため、
「やめておいたほうがいいんじゃないの」と逃げ腰です。

しかしメロリーだけは
「ラキたまは大丈夫なの! 絶対できるなの!」と励まします。
最古参であるふたりの絆を感じてぐっときました。

結局失敗したラキたまに対し、
「ラキたまやっぱりドジなの~」
と手のひら返しをしたうえに、カーラに対して
「真似しないようにやってみるのなの」
と辛辣なことを言っていたのも最高にメロリーらしいです。

カンナとのお別れで最初に泣き出すのがメロリーだったのも、
「やっぱりここはメロリーだろうな」と納得でした。

今季初登場組

今年の4月~6月はいちにんまえここたまのカンナが、
紛失したいちにんまえパンツを探すストーリーでした。

カンナも、それを見守るたまシャインもすごく良いキャラクターです。
カンナは語尾の「ですポン」がかわいくて、
我が家ではカンナのことを「ですぽん」と呼んでいました。

たまシャインも出来る女としての地位を築いていて、
登場するときあたり一面が暗くなる演出もツボでした。

拾ったいちにんまえパンツを自分のものにしたスーイに関しては
「どの面下げて出てきてんねん」と突っ込みたい気分ですが、
二人の間で和解は済んでいるので外野がとやかく言うことはないですね。

スーイにチャーリーというイケメン彼氏がいるのもこちらの反感を買っています。
単なるやっかみです。

ここたま界まつり

後半からは1000年に一度のここたま界まつりがはじまります。
「おいで~ここたまカーニバル~」という
ここたまハッピ~パラダイス!の歌詞がぴったりでした。

アメリカにいるのぞみも帰ってきました。
ビビットに対して一番に「会いたかったわ~」というのがミシルというのもばっちりです。

ここたまオールスターズが出てくる流れにはちょっと泣けてきました。
ムッシュ・ムクンヌと八幡くんも出てきてうれしかったです。

ノラたまトリオの公園は人が集まるようになったんですね。
いつもの調子のユラノととくまるをニッコリ見つめるムキテツにきゅんとしました。

娘の反応

5歳の娘も「ここたま終わっちゃってさびしい」と言っています。
2歳半のときから見ていたわけですから、長い付き合いです。

ここたまに関してはわたしが好きで見ていたので、
娘にとっては母親の付き合いで見ていた感じだったかもしれません。
それでもここたまたちには愛着を持って、ここたまドールで遊んでいます。
一番好きなここたまはキラリスだそうです。

おシャキを男の子だと思っていたり、ムキテツをムテキツと呼んでいたり、
まだまだ幼くてかわいいです。

すべてのここたまに幸あれ

ここたまアニメのすごいところは全てのここたまへの敬意が感じられるところです。
ここたまは単なるキャラクターではなく、ものの”かみさま”なんですね。
ひとりひとりが大切にされて生まれてきたということがよくわかります。
これからも笑顔で幸せに暮らしてほしいと願ってやみません。

今後、7月と8月はヒミツのここたま傑作選が放送され、
9月から新しいひらけここたまがはじまります。
いまはヒミツのここたまとのお別れが寂しくてしかたありませんが、
ひらけここたまも引き続き見るつもりです。

ヒミツのここたまのおもちゃが買えるのは今のうちだけなので、少しずつ買い集めています。
お店によっては値下げしているので、今がチャンスです。

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *