35歳にしてはじめて親知らずを抜いた話

わたしはもともと親知らずが4本とも普通に生えていました。
すでに虫歯になりかけている歯もあり、
「今のうちに抜いてもいいと思います」と言う歯医者さんもいましたが、
怖くて先延ばしにしていました。

それをようやく1本抜いたという話です。

どうして抜くことにしたのか

このたび抜いたのは左上の親知らず。
ケンタッキーフライドチキンの軟骨を食べていたときにガリッと音がして、親知らずの側面が欠けました。
このときにはすごくショックで、ケンタッキーなんて食べなきゃよかったと後悔したものです。

すでに抜いたらどうかと言われていた歯だったので、治療ではなく抜歯してもらおうと覚悟を決めました。

行く回数を減らしたい

まず思ったのは、早く終わらせたい!ということでした。
通常なら検査で1回、抜歯で1回、消毒で1回の3回かかりますが、
わたしは出不精すぎて極力外に出たくないので、なんとか2回で済まないかと思いました。

かかりつけの歯医者さんへ

かかりつけの歯医者さんに「初回で抜歯してほしいんですけど」とお願いしたところ、OKということで、予約しました。

本当はこの歯医者さんがあまり好きじゃなくて、ほかの歯医者さんに行こうと思っていたのですが、
3回が2回で済むのがありがたくてお願いしました。

親知らずを抜く恐怖との戦い

いざ日程は決まったものの、めちゃくちゃ不安でした。
親知らずを抜いた後、腫れるとか痛いとかいう口コミを見ていたからです。

4本とも抜いたという妹に聞いたら「全然痛くなかったよ」と言われたのですが、
妹が痛くなかったからといって自分まで痛くないとは限りません。

当日まで鬱々と過ごしていました。

親知らずの抜歯当日

12時台に予約していたので、早めにお昼を食べていきました。
先生が歯の状態を見て「たしかに抜いたほうがいいですね」となり、麻酔をして抜くことに。

麻酔から抜歯まで

麻酔を2本打ち、10分後ぐらいに感覚が消えているか試したところ、まだ痛みがあったので追加で1本打ちました。
それから5分後ぐらいにぐいぐい押されたときは痛みがなかったので、そこから抜きました。

親知らずを抜いた人に話を聞いたら「すぐ抜けたよ~」と言っていたので、
引っ張ってピュッと抜くのかと思っていたのですが、
そうは簡単にいかず、根元から歯を引き剥がすようにぐりぐりと動かしていました。

たぶん時間にして5分程度だと思うのですが、かなり長く感じました。
抜けたときの感覚はなく、「はい、抜けました」と言われてはじめて気付いたという感じです。

歯の根っこが4本あった

先生が言うには「思ったより歯の根っこがしっかりしていて時間がかかった」とのことでした。
通常歯の根っこは3本に分かれている人が多いそうですが、
わたしの親知らずは4本に分かれてしっかりと根を張っていたそうです。

先生は「僕でもこんな根っこはめったに見たことないです」と言っていて、
「なんか専門家ぶってるな」と思いました。

わたしが抜いた歯を持って帰りたいと言ったところ、
「だいぶ汚いですけどほんとに持って帰ります?」とさらりとひどいことを言われました。

たしかにあまりきれいなものではないので、UPするのは控えておきます。

親知らずを抜くのはいくらかかる?

痛み止めのロキソニンと、抗生物質のアモキシシリンを処方されて終わりました。
会計はおよそ2,700円です。
これは人によってまちまちだと思います。

麻酔が切れた後

麻酔が切れて痛むかと思いきや、意外とたいしたことなかったです。
痛いというより、口の中全体が気持ち悪い感じがしました。
腫れることもなかったのですが、出血が長いこと続いていました。

親知らずを抜いた後

すでに抜歯から1ヶ月以上経過しています。
痛みはないものの、まだちょっと変な感じがします。

1週間後に再び通院

親知らずを抜いて1週間後、消毒のために再び受診しました。
傷口の状態は特に問題ないとのことでした。

定期検診の時期だったので、全体を見たあとに歯石をとってもらったのち、
親知らずを抜いた跡に消毒液を塗って終了でした。

歯の本数が31本になった

歯の本数が31本というのがなんだかしっくりきません。
Twitterでこんなつぶやきをしています。

親知らずを抜くと頭痛が治る?

これは都市伝説みたいなものだと思うのですが、
「親知らずを抜くと頭痛が治る」という話を見たことがありました。

わたしも頭痛持ちなので何か変化があるのかなぁと思っていたのですが、
頭痛のときの痛みがちょっとだけましになったような気がします。

いずれにしても、1本抜いたことで経験値が増え、思っていたほどは怖くないとわかりました。
やっぱり何事も未経験のことは怖いのだなぁと思った次第です。

スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ