アルティメット人狼@ニコニコ超会議2019のネタバレ感想

2019年4月27日に開催されたニコニコ超会議2019で、
アルティメット人狼ステージが行われました。

これまで超会議や闘会議では1戦のみだったのが、今回は2戦!
どちらも好ゲームで、無料でいいの?という感じでした。

結果までネタバレしますので、未見の方はご注意ください。

アルティメット人狼ステージ

今回の出演者の皆さんはこちら。

1.児玉健(人狼ルーム代表、人狼TLPTゲームアドバイザー)
2.イシイジロウ(ゲームクリエイター人狼会主宰)
3.中田功(将棋棋士)
4.村中秀史(将棋棋士)
5.金久保マユ(ホリプロデジタルエンターテインメント/タレント・女優)
6.オオヌキ(格闘ゲーマー)
7.テラゾー(ゲーム実況者)
8.森本茂樹(ゲームフリーク)
9.大野聡(バンダイナムコアミューズメント)
10.松崎史也(人狼TLPT 医師マドック)
11.永石匠(人狼TLPT 奏者ノエル)
12.森本未来(人狼TLPT 踊り娘ドリス)
13.はぎのりな(人狼TLPT 暇人キンバリー)

MC:眞形隆之(人狼伝道師)
ゲストMC:寺島絵里香(人狼TLPT 菓子職人デイジー)

第一戦

人狼:村中、オオヌキ、キンバリー
狂陣:金久保(ぼんぼん)
予言:ノエル
霊媒:イシイ
狩人:森本
人間:児玉、中田、テラゾー、大野、マドック、ドリス

初日はキンバリーのくじ引きで投票順を決めることに。
人狼は投票順の中盤に集中していました。

狂陣ぼんぼんが初日の夜に襲撃されたこともあり、
2日目には予言者に名乗り出たのがノエルだけに。
ノエルはほぼ本物だろうという進行になります。

しびれたのは5日目の展開でした。
狩人GJで誰も死んでいない中、ノエル目線絶好の黒位置であるマドックに白打ち。
森本さんが狩人と名乗り出たことで、容疑者が児玉キンバリーの2択に絞られます。

この日は児玉さんが吊られ、翌日ラストウルフであるキンバリーが吊られ、
めでたく人間勝利となりました。

第二戦

人狼:金久保(ぼんぼん)、オオヌキ、マドック
狂陣:中田
予言:村中
霊媒:大野
狩人:ドリス
人間:児玉、イシイ、テラゾー、森本、ノエル、キンバリー

結論からいうと人狼勝利になったわけですが、
狩人として合計4人が名乗り出るという珍事がありました。

予言で出たのがぼんぼん(人狼)と村中さん(本物)、
霊媒で出たのがマドック(人狼)と大野さん(本物)、
狩人がオオヌキさん(人狼)、中田さん(狂陣)、児玉さん(村騙り)、ドリス(本物)。

1回戦のように途中で狂陣が落ちていれば人間勝ちもありましたが、
なかなか難しいものですね。

中田さんの、潜伏狂陣からの狂陣COと見せかけて、
いったん人間らしくオオヌキさんに入れてみて、
決戦では村中さんに入れてちゃんと新予言を処刑し、
翌日にはやっぱり狂陣でしたということでドリスに決定票を打つあたり、
なんだかすごいもの見たなーという感じです。

村中さんよりぼんぼんが信じられていたのも惜しかったです。
ぼんぼんの黒である森本さんじゃなく、
先に村中さんの黒であるオオヌキさんに行っていれば、
なんとか村の勝ち筋もあったかな~というところでした。

出演者ごとの感想

先日アルティメット人狼10が楽しみだという記事を書いたのですが、
今回のステージを見たらまた印象が変わりました。

児玉健

児玉さんは2戦ともやられる側でしたね。
1戦目で森本さんを老害扱いするのはどうかと思いましたが、
それほど追い込まれていたんだろうな~という感じ。
2戦目も最後までなんとか勝とうとしているところが見て取れました。

イシイジロウ

エンディングでの引退宣言が衝撃でした。
番組後のこだまのへやで詳しく語ります!ということだったので、
アルティメット人狼チャンネルに入会した人も多かったかもしれません。

わたしは見ていないのでなんとも言えないのですが、
惜しまれながら辞めるのはなかなかできることではありません。
10の区切りでやめるのは見事な引き際だと思います。

ただ、イシイさん以外にもパタパタっと辞めていきそうでちょっと怖いですね。
何年か後に「一日限りの復活!」みたいなこともしそうです。

中田功

アルティメット人狼10の第三部を見て
「このメンバーでこーやんさん大丈夫?」
と思ったのですが、今日のプレイを見て全然大丈夫だと考えを改めました。
ハマるとすごく強いことがわかります。

村中秀史

2戦目で真を取れなくて、悔しかっただろうな~と思います。
「諸悪がキレるときは真」というアルティメット人狼あるあるがありますが、
確かに2戦目のほうがパッションが出ていました。

金久保マユ

以前「ぼんぼんうるさくて苦手」と書いたのですが、
今回はそれほどキンキンしてなかった気がします。
耳が慣れたのかもしれません。

2戦目の人狼勝利はぼんぼんの功績が大きかったです。

オオヌキ

オオヌキさんは本当に上手で、人当たりがよかったです。
2戦目はけっこう黒かったのになぜか吊られず、
ただものではないことがわかりました。
本戦でも活躍してくれそうです。

テラゾー

アルティメット人狼9にも登場していたテラゾーさん、
2回目ということで緊張が解けたのか以前より饒舌でしたね。
今回はしどころがないポジションだったかな、と思います。

森本茂樹

第一戦の狩人が見事すぎて「またファン増えちゃう!」と思いました。
幽霊タイムでキンバリーが森本さんのことを、
「画面写りがいい」と言っていたのはまったくそのとおりで、
いつ映ってもキリッとしているのがすごいです。

大野聡

今回の大野さんはちょっと不発?
からし色というより黄色のTシャツだったせいかもしれません。
真霊媒なのにあっさり吊られるのは大野さんの真骨頂という感じですが。

マドック

立ちっぱなしの観客を気遣って屈伸運動をうながしていたのがよかったです。
アルティメット人狼でマドックが人狼を引くと面白い回になることが多く、
今回もそのジンクスが発動していた印象です。

ノエル

1戦目は予言者で大活躍でした。
マドックが人間という結果に戸惑っていたところが面白かったです。

ドリス

平成元年生まれということがわかりました。
2戦目は狩人でGJを出したものの、間違ったほうを信じてしまって厳しかったですね。
ドリスもハマると強いイメージですが、ハマらない回だったかもしれません。

キンバリー

1戦目の「児玉に勝った!」がよかったです。
「初美メアリがいると自分の枠がなくなる」というのもリアルでした。

アルティメット人狼10が楽しみ!

2戦とも人狼の面白さが詰まった試合で、見ごたえがありました。
人間勝利と人狼勝利になったものよかったですね。
これをきっかけにアルティメット人狼にハマる人もいそうです。

アルティメット人狼10は5月25日(土)、26日(日)に行われます。

2019年5月25日、26日に開催されるアルティメット人狼10。出演者を見ているだけでもワクワクします。クイズ王の古川洋平さんが出演者についてコメントしている放送を見て、わたしも一視聴者としての所感を書いてみたくなりました。

ほかの回の感想はこちらからご覧ください。
アルティメット人狼関連記事一覧

スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ