アルティメット人狼10のネタバレ感想(ニコ生視聴)

2019年5月25日、26日と2日間にわたってアルティメット人狼10が開催されました。
全部で約12時間、ほぼリアルタイムで見ていました。

ところどころ「うーん」と思ってしまうこともあったのですが、
フィナーレで感極まる皆さんの姿にはぐっとくるものがありました。
10でひとつの区切りがついたのかもしれません。

以下、ネタバレ全開で感想を書いていきます。
辛口なところもあるかもしれませんが、いち視聴者の感想として聞き流してください。

※2019年5月27日現在、第2部と第3部のタイムシフトは視聴できません。
記憶を頼りに感想を書いているため、間違いがあるかもしれません。

【追記】2019年5月30日夜、修正のうえ公開されました。

アルティメット人狼10

各部の開催日時は以下のとおり。
それぞれ2戦ずつ、放送は4時間ぐらいで終わりました。

第一部 2019年5月25日(土)17:00~
第二部 2019年5月26日(日)10:30~
第三部 2019年5月26日(日)17:00~

第一部、第二部は無料で見られますが、
第三部のゲームはニコニコプレミアム会員(月額540円)限定です。
(入場シーンまでは無料で観られたようです)

第一部

1.児玉健(人狼ルーム代表・人狼TLPTゲームアドバイザー)
2.イシイジロウ(ゲームクリエイター人狼会主催)
3.山口恵梨子(将棋棋士)
4.藤田咲(声優)
5.神尾晋一郎(声優)
6.オオヌキ(格闘ゲーマー)
7.七海とろろ(バクステ外神田一丁目/アイドル・タレント)
8.河村舞(ベイビーウルフ)
9.橋本彩花(ベイビーウルフ)
10.GD(全国アルティメット人狼選手権)
11.松崎史也(人狼TLPT医師マドック)
12.林修司(人狼TLPT神父クリス)
13.石井由多加(人狼TLPT自由人メイソン)

司会進行:永石匠(人狼TLPT 奏者ノエル)/寺島絵里香(人狼TLPT 菓子職人デイジー)

第一戦(人間勝利)

人狼:マドック、橋本、山口
狂陣:GD
予言:クリス
霊媒:神尾
狩人:メイソン
人間:児玉、オオヌキ、イシイ、とろろ、河村、藤田

クリスとGDの予言者対決がとてもよかったです。
GDは人狼の橋本さんに誤爆して襲撃され、クリスはその後人狼の山口さんに黒出しし、
人狼サイドはどっちが本物か混乱したことでしょう。

わたしはメタ視点で「山口さんが人狼なのに騙らないことある?」と思ってしまいましたが、
最終日に河村さんが人狼の山口さんに投票して人間勝利となりました。

とろろさんと山口さんの2択、かなり難しそうでした。
自分が人間だと過剰な表情で訴えるとろろさんに対し、
「とろろさんの……感じ」と明らかに戸惑う河村さんがかわいかったです。

神尾さんの落ち着きぶりもすごかったです。
マドックと対戦してもどっしりしていて、「これ真なの? 偽なの?」と思いました。

本筋とは関係ないですが、藤田さんが神尾さんを「神尾くん」と呼んでいたのがよかったです。

第二戦(人間勝利)

人狼:橋本、イシイ、オオヌキ
狂陣:山口
予言:とろろ
霊媒:クリス
狩人:マドック
人間:児玉、メイソン、河村、藤田、神尾、GD

橋本・山口・とろろの3人が予言CO、クリス1人が霊媒COという試合。
あまりとらえどころのない試合でしたが、
最終日までもつれこんだ結果メイソンが2択を当てて人間勝利となりました。

神尾さんもオオヌキさんも説得力がすごくて、
それでいて他人を攻撃しない言い方で、安心して見ていられました。
「もしかしてこれメイソン人狼では?」と思ってしまいましたが、
無事に最後の人狼であるオオヌキさんを処刑できてよかったです。

第一部の感想

アルティメット人狼選手権からやってきたGDさんですが、
あまり空気と噛み合っていなくて、緊張していたのかな?という感じでした。
クリスやマドックのいじりがなかったらもっと悲惨だったでしょう。

クリスはすごく目立っていました。
GDとの関西弁の応戦がすごくて、
普段はあまり関西弁を使わない児玉さんやイシイさんまでつられ気味でした。

これを見てチャンネル放送で関西弁人狼できるのでは?と思いました。
ほかにも大野さん、森本さん、BOSSさん、スナパイさん等々。
(あゆみちゃんが引退したのが悔やまれる)

ベイビーウルフの「確黒」こと橋本彩花さんは期待を裏切らず2連続人狼。
まいまいもそうですが、キャピキャピせずにガチでやっているところに好感を持ちました。

逆に存在そのものがやかましい七海とろろさん。
顔芸禁止がルールに追加されるんじゃないかと言われていたのが面白かったです。
マドックの「不勉強で申し訳ないけど、どうやってアイドルやってるの?」の質問に、
強く共感しました。

オオヌキさんは超会議と10しか出ていないのに、人狼を引くイメージになりました。
入場曲が「恋しさと切なさと心強さと」で、
そういえばこの曲ストⅡの曲だな、と思い出しました。

そういえば最初はず~まだんけのパフォーマンスでしたが、
イージーさんはすぐ帰ったのでしょうか。
以前チャンネル放送に出たときも、
イシイさんがイージーさんには丁寧語だったのがちょっとおもしろかったです。

【追記】
振り返り放送によると、イージーさんも見て帰ったそうです。

第二部

1.眞形隆之(人狼伝道師)
2.阿部洸希(人狼ルーム)
3.歌広場淳(ミュージシャン)
4.安元洋貴(声優)
5.瑞原明奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)
6.大浜岳(日本プロ麻雀協会)
7.武中真(日本プロ麻雀協会)
8.齊藤陽介(スクウェア・エニックス)
9.金久保マユ(タレント・女優 ぼんぼん)
10.いと(全国アルティメット人狼選手権)
11.澤田拓郎(人狼TLPT配達人ハイラム)
12.森本未来(人狼TLPT踊り子ドリス)
13.加藤靖久(人狼TLPT局長サミー)

司会進行:児玉健(人狼ルーム代表・人狼TLPTゲームアドバイザー)/初美メアリ(モデル・声優)

第一戦(人間勝利)

人狼:阿部、サミー、大浜
狂陣:眞形
予言:ぼんぼん
霊媒:いと
狩人:歌広場
人間:瑞原、武中、ハイラム、ドリス、齊藤、安元

妻と娘(小3)が見に来ているという眞形さんが「絶対に自分は人狼ではない」と主張。
結果的に狂陣だったわけですが、家族をだしに信用を取りに行くのは珍プレーでした。
阿部さんが「本当に来てるか確かめよう」と言い出したのも面白かったです。

安元さんは確白なのに最初に投票しようとしたり、自分の意見を変えないと言い出したり、
「大丈夫かな」と思ってしまいましたが、その安元さんが村を救う結果になり、
「すごい!」と手のひら返しをしました。

安元さんの逆で安定進行をしようとしたハイラムが相対的にダサく見えてしまって、
(もちろん安定進行は大事です)、ハイラムの持ち味が出ていたと思います。

しかしなによりこの回の立役者は狩人の歌広場さんです。
アルティメット人狼5-2の再来を思わせるような2GJを見せてくれました。
今回はサミーが対抗に上がったものの、パッションで跳ね除けました。

第二戦(人狼勝利)

人狼:眞形、いと、武中
狂陣:ぼんぼん
予言:歌広場
霊媒:ハイラム
狩人:大浜
人間:瑞原、阿部、サミー、ドリス、齊藤、安元

1日目、眞形さんとぼんぼんが予言を騙り、3人目で歌広場さんがCOする流れ。
霊媒は武中さんとハイラムが名乗り出ました。

しかし2日目以降トラブルで議論が聞こえず、
眞形さんがいつのまにか真をとっていて「???」となりました。

運営コメントに会場のネット環境が原因と書かれていたので、
ヒューリックホールのサイトを見たら、以下のように書いてありました。

すべてのエリアで当ホール専用のWi-Fi環境をご用意しております(PASS有)。但し、サービスの一環であり接続環境を常に保証するものではございません。
大人数でのWi-Fi環境・安定した接続環境をご希望の場合は当ホール担当者へご相談ください。別途有料にてご手配いたします。

さすがにお金を払って手配していたとは思います。
でも途中の議論が全然聞こえなかったので、
もう少しなんとかならなかったのかな~と思いました。

最終日はそれまでと比べると安定して見られました。
いとくんがすごく活躍したのは伝わってきました。
ドリスがなぜいとくんを盲信していたのか、その流れが知りたかったです。

第二部の感想

配信トラブルでケチがついてしまいましたが、
人間勝利と人狼勝利で、どちらを応援している人も楽しめたと思います。

阿部さんはハマれば強いのに、大舞台でハマらない印象です。
でも阿部さんのセンターはすごく好きなので、
全部児玉さんがセンターやるより、阿部さんセンター回があるのがいいなと思いました。

眞形さんが強いことはわかったのですが、勝ち方があまり好きじゃないです。
家族をネタにするのも作戦の一つではあるのでしょうが、
うまく言えないモヤモヤ感がありました。

第二戦はドリスの悪いところが出てしまった感じがあります。
いとくんがそれだけ上手かったというのもあるかと思います。
アルティメット人狼選手権の決勝でも人外を引いて目立っていたので、
こういうところで人外を引けるのも才能の一つなのかなという印象です。

歌広場さんはやっぱり華がすごい!
サミーとのボディーガード対決もすごく熱かったですね。
記念撮影でいとくんと絡んでいたのもよかったです。

スリアロ勢は見せ場が少なくて、もう少し見たかったな~というところ。
特に瑞原さんの美しい推理が見たかったです。
大浜さんはまた人狼引きましたね。
武中さんはハイラムのものまねが一番印象に残っています。

第三部

1.児玉健(人狼ルーム代表・人狼TLPTゲームアドバイザー)
2.イシイジロウ(ゲームクリエイター人狼会主催)
3.村中秀史(将棋棋士)
4.中田功(将棋棋士)
5.森本茂樹(ゲームフリーク)
6.大野聡(バンダイナムコアミューズメント)
7.安西崇(スクウェア・エニックス)
8.古川洋平(クイズ王)
9.初美メアリ(モデル・声優)
10.松崎史也(人狼TLPT医師マドック)
11.池永英介(人狼TLPT団長ダンカン)
12.永石匠(人狼TLPT奏者ノエル)
13.寺島絵里香(人狼TLPT菓子職人デイジー)

司会進行:澤田拓郎(人狼TLPT 配達人ハイラム)/森本未来(人狼TLPT 踊り娘ドリス)

第一戦(人狼勝利)

人狼:マドック、ノエル、イシイ
狂陣:児玉
予言:デイジー
霊媒:ダンカン
狩人:メアリ
人間:森本、古川、村中、中田、大野、安西

4日目、真予言デイジーの黒先であるイシイさんと、
偽予言マドックの黒先である安西さんの対決で、
人間の大野さんが安西さんに投票して村が滅んでしまいました。

真予言デイジーと真霊媒ダンカンがかなり信用を集めていたため
ニコ生のコメントがだいぶ荒れていましたが、
あの場に立つとわからなくなるものなのでしょうね。
4日目に霊媒COをした狂陣の児玉さんが上手かったというのもあるでしょう。

でもやっぱり大野さんのせいで負けたみたいな印象になってしまって、
人狼を全部見つけていたデイジーがすごく気の毒で、観ていてつらかったです。

マドックは「勝てると思っていなかった」と述べていました。
デイジーはまさに「勝負に勝って試合に負けた」状態です。
それでも負け試合としてデータが残ってしまうので、かわいそうだなと思いました。

ただ、こう思っているのは外野だけかもしれません。
吊られた安西さんもニコニコ笑顔で楽しそうでしたし、
プロ野球選手が1つの敗戦を引きずらないように、
こういうこともあるよね、という感じなのかな? と思いました。

第二戦(人狼勝利)

人狼:マドック、児玉、森本
狂陣:古川
予言:デイジー
霊媒:安西
狩人:中田
人間:ノエル、ダンカン、メアリ、村中、大野、イシイ

これも第一戦と同じく、4日目のパワープレイで人狼が勝ちました。
狂陣が霊媒師を騙るところまで同じです。

古川さんが村騙りで撤回したらアルティメットだな~と思いましたが、
古川さんは狂陣で、人狼3匹とともに大野さんに投票して終了でした。

本物の霊媒師である安西さんは霊媒を匂わせながら噛まれてしまいました。
これがうまくいっていたら風向きが変わっていたかもしれません。

この試合で面白かったのは人狼森本さんの予言騙りです。
真予言でも偽予言でも似たような感じなのだとわかりました。

以前祇園花月で宮川大助・花子の漫才を見たとき、
大助さんがセリフを噛んで笑いを取るところがあったのですが、
次に見たときも同じところで噛んでいて、
「あれは演技だったのか」と思ったことがありました。

それと同じで、森本さんも天然に見えてわざとあんな感じでふるまっているのでは?
と、ちょっと思いました。

第三部の感想

両方とも人狼勝利という結果に終わりました。

狂陣が潜伏するのはトレンドなのでしょうか?
超会議での中田さんの潜伏狂陣も記憶に新しいところです。

今回、棋士の中田さんと村中さんにあまり見せ場がなかったのが残念でした。
特に村中さんは自己紹介での柄にない振る舞いが一番面白かったです。

もしも第三部に山口さんがいたらパワープレイ回避のミラクルプレイが観られたんじゃないかな?
なんて期待してしまいますが、買いかぶりすぎでしょうか。

マドックはあまり人狼を引かないイメージがありましたが、今回かなり引いてますね。
二戦目、パワープレイに打って出たもののなぜか孤立していたのが面白かったです。
一戦目もデイジーに対するフォローが素敵でした。

フィナーレ、一番泣いているのが古川さんというところが個人的にツボでした。
人狼ゲームに対して真摯に取り組んできたことがわかりました。
(ほかの人が真摯ではないというわけではなく)
ミスターSASUKE的な、人狼ゲームに対する強い思い入れを感じました。

▽古川さんの振り返り放送

全体的な感想

わたしは第一部が一番好きでした。
人間勝利の回を見たいので、第三部は見返すのがつらいな、という感じです。

これは好みの問題なので、第三部が悪かったわけではありません。
入場シーン~自己紹介と、フィナーレは折に触れて見返したいです。

アルティメットマン

3部とも謎の覆面MCアルティメットマンが出演者の呼び込みをしていました。
人狼TLPTのルー○ーさんっぽかったですけど、気のせいでしょうか。

以前、ローカル路線バスの旅で蛭子さんが
「事務所を通さずに競艇場で直接仕事を受けると○万円が丸々もらえる」
という一同ドン引きのライフハックを披露していましたが、
アルティメットマンさんにも身分を明かせない事情があったのかもしれません。

いずれにしてもわたしは今までのMCで○ーサーさんが一番よかったと思っているので、
(過去の放送をちゃんと見て記憶している点、出演者とのやり取りにトゲがない点など)
このような形で10にも出てきてくれてよかったです。

襲撃者表示や勝敗発表

夜が明けたとき、噛まれた人がスクリーンに映るようになりました。
わたしはみんなが揃ってから誰が噛まれたか、GJだったかを見たいので、
映すにしてもワンテンポ遅れて表示するほうがいいかな?と思いました。

また、勝敗の発表方法も変わっていました。
決着がつくと、天の声が「村から人狼がいなくなったので人間勝利です」とか、
「残りの人数の半分が人狼になったので人狼勝利です」と発表していました。

これだと台詞の途中で結果がわかってしまうので、
チャンネル放送みたいに「決着がつきました、人間勝利です!」と歯切れよく発表するか、
アルティメット人狼9までのようにいったん夜になるほうが、わたしは好きです。

イシイさんお疲れ様です

イシイジロウさんが人狼プレイヤーを引退しました。
惜しまれながら辞めるのはなかなかできないことです。
最後の挨拶では人狼ゲームへの熱い想いが感じられました。

児玉さんもお疲れ様です

第三部の自己紹介で声を詰まらせる児玉さんを見て、
この大会を開催するまでの苦労が忍ばれました。

予定していた「こだまのへや24時間スペシャル」が体調不良で中止になり、
さぞかし悔しかったと思います。

だからこそ、この本番にかける意気込みも大きなものだったでしょうし、
終わったときは感無量だったのではないでしょうか。

アルティメット人狼11からはまた新しい局面に入ることでしょう。
これからも楽しみにしています。

▽第一夜 いとくん、アルティメットマン、高地真吾さんの振り返り放送

▽第二夜 デイジー、ダンカン、児玉さんの振り返り放送

▽第三夜 サミー、メイソン、イシイジロウさんの振り返り放送

シェアはこちらからどうぞ